ようこそ "書道書育のKASEN" オフィシャルサイトへ

「書道書育のKASEN」では書道教室を『書道書育講座』と位置付けて実施― 幼稚園児から高齢者の方までと年齢層も幅広く、生徒一人一人の個性を大事にし書における「書を育み、書にはぐくむ」をコンセプトとにし、書法の域に留まらず書をとおして健全育成、 地域コミュニティーの場に、さらに進んでは 国内に留まらず国際交流を通じた書道書育のグローバル化を推進して参ります。

 

書育活動家 / 書道書育士

WADA KASEN
和田華仙(淳彦)


このHP内にBlogを始めました!!


5月16日 ボスニア・ヘルツェゴビナ大使館表敬訪問

🇧🇦ボスニア・ヘルツェゴビナ大使館より『サラエボの政府機関より公式な資料が届いた。』と一報を頂戴し訪問いたしました。資料はサラエボの外務省に要望を出した事への返答であり私宛へ向けられた公的文書です。今後、日本語に翻訳された後、農水省の検分を経て然るべき手続きへ進みます。

今回は二次構想(三年~五年後)の話しまで踏み込んだ内容。"MITSUMATA Project” と称したミツマタ植樹事業は、草の根のキャンペーンからこうして二国間の公的機関を通過し、構想から2年を経て何千マイルも離れた旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナへと海を渡ります。和紙の原料 “MITSUMATA” 三椏
Edgeworthia chrysantha Lindl.

 

5月1日 「即位の日」令和元年 慶祝記念揮毫①

新元号「令和」は万葉集の第五巻「梅花の歌」大伴旅人の序文「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から典拠。
揮毫では脇書きに添えました。

一切のイベント無事終了!ありがとうございました♪
 https://t.co/nQWsn3YSa7

 

5月1日 「即位の日」令和元年 慶祝記念揮毫➁

このような御目出度い日に生涯一度であろう新元号の記念慶祝揮毫を行えることは本当に幸せです。

一市民を代表して 、“和たらしむ” 言葉を魂魄に留め筆を走らせて頂きました。催事興行主に大感謝 <(_ _)>

*揮毫終了後、先着60名様+10名様に色紙揮毫
「令和」を手書きのプレゼント完了!!

 

2019.4.24 KASEN Education 🖌

■告知

5月1日 「即位の礼」の日
新元号「令和」元年記念揮毫を行います。

場所:新越谷Valie
   新越谷駅ビル1F

時間:①午前11:30~

   ②午後14:30~

計二回 各30分

入場ご見学無料

皆様、どうぞ起こし下さいませ♪
\( ) (^ー^)(^_-)()ゞ

https://twitter.com/KasenStyle/status/1120681750743568385…

#和田華仙 #上鷺宮 #書道教室 #令和 #新越谷Valie #中野区 #鷺宮 #書育

 

2019.4.7 KASEN Education 🖌👧
児童・午前の部で今もっとも旬な題字「令和」を書く

まだ基礎のトメ、ハライ、ハネを習得中で文字を書いたことの無い子(年長さん&小二)もいますが、『先生!私も書きたい~♪ )^o^( 』と挑戦しました!!(^<^)エライ!!

プチイベントなのでみんな練習なしの一発書きです!

Twitter 「KASEN Style」スタート!!

https://twitter.com/KasenStyle  #新元号 #令和 #書道教室 #楷書 #和田華仙  #鷺宮 #上鷺宮 #書道書育のKASEN 

 

2019.4.1寿 新元号『令和』公表!!

『万葉集』の「梅花(うめのはな)の歌」三十二首の序文から引用されたそう。天平二年正月十三日(西暦730年)時に初春の令月にして気淑(きよ)く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披(ひら)き蘭は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す。
*令月は季語にも用いられる。

 

 

【各社新聞報道より】
外務省は、平成に代わる新元号「令和」について外国政府に英語で説明する際、「Beautiful Harmony=美しい調和」という趣旨だと伝えるよう在外公館に指示した。

The Ministry of Foreign Affairs instructed foreign delegations to tell the foreign government that the new era "Reiwa," a substitute for Heisei, was given in English, saying that it meant "Beautiful Harmony."

 

 


こどもまなび☆ラボ 二本立てロングインタビュー①

2018.2.28 芸術にふれる/書道
美しい文字は幼少期からの経験でこそ身につくもの。書道書育士・和田華仙先生インタビュー
字は体を表す。美しく整った文字を書ける人には、それだけで知性や教養を感じます。では、自分の子どもに「字を上手に書けるようになってほしい」と望むのならば、私たち親は何をすればいいのでしょうか?

こどもまなび☆ラボ 二本立てロングインタビュー②

芸術にふれる/書道 2018.2.28
自分の字に真剣に向き合える。
「書道書育のKASEN」に潜入取材!
子どもたちが目の前の半紙に一心不乱に向き合っている姿、そして教室が終わりお友だちどうしで楽しくおしゃべりをしている姿を見ると、ただ “字を上手に書けるようになる” だけにとどまらない、書道教室が持つ役割が見えてきます。

外務省大臣政務官 表敬訪問

2018.1.9

岡本三成 大臣政務官表敬

駐日ボスニアヘルツェゴビナ大使館承認アンバサダー、及び今秋のBH平和親善揮毫の渡航計画を報告申し上げました。

大臣政務官からは、『草の根の平和親善活動をしておられる貴団体に対し外務省として何をどこまでアシスト出来るか検討して行きます。』との激励を下さいました。

在日ボスニア・ヘルツェゴビナ大使館特命全権大使 表敬

 2017.12.12

この度、日本とボスニア・ヘルツェゴビナ共和国の文化交流を目的とした『世界遺産・スタリモスト』での「平和親善揮毫」の計画に御協力をお願い申し上げました席上、ボリスラブ マリッチ特命全権大使より、『私達に出来ることは何でもして差し上げたい。』と主旨に賛同を表明され激励くださりました。「平和と文化の懸け橋」である“平和のアンバサダー”「民間親善大使」の承認を賜わりました。

 

日本経済新聞*夕刊掲載

●「書育のKASEN」の活動が日経新聞に取り上げられました。

2017.9.8 「夕刊」 
「日本経済新聞 くらし面 9面」

■習字 人気再燃  ■硬筆 濃い鉛筆が主流に小中学

   「とめ」「はね」美しく

・きれいな字 書きたい・小学生の受講増加
・減る手書き、親に危機感

ママさん口コミサイトで人気 comolib.com

人気の書道教室「東京10選」に掲載いただけました。とても反響が大きく地元地域外からもお問い合わせ等の反響を沢山寄せられました。

KASEN教室での児童は”KASENキッズ”と称して今も毎月欠かす事の無く新会員として教室へ足を運ばれます。

頑張るぞ♪ヽ(^o^)丿o○

KASENキッズ!!!!!!!!!!