JAPAN EXPO 2016 伝統文化パビリオンWABI-SABI 招待出展

 KASEN TOPIX *:・'°☆ 

フランス・パリに2年連続「招待出展」

JAPAN EXPOは、世界中が熱狂する空前のジャパン・ブームの中心であり、日本政府各省が参画、テレビ報道等で国内でも有名なイベントであり日本のポップカルチャーの祭典として世界最大規模です。4日間の入場者数は延べ25万人にのぼります。


2015 JAPAN EXPO in Paris

WABI-SABI
KASEN書

字句
一片花飛減却春

七言律詩
杜甫「曲江」より抜粋

〈書き下し〉
一片の花飛んで春を減却す

この書作にWABI-SABIスタッフより邦題を付与して頂けました。

「一片の桜花が舞うは夏の巴里に落つる」

今回のポスターにあるようEXPOのコンセンプトと一致しました!

※会場ではフランス語に翻訳されました。

 

招待出展』は、理念である『国内に留まらず国際交流を通じた書道書育のグローバル化を推進して参ります。』との思いに合致。SNSを通じ世界に日本の文化「書道」を。個の理念である「書育」を発信している事。それらを裏付ける実践と業績が認められたものと真摯に受け止めております。

 概要】

書画、絵画、伝統的工芸品等、日本からの招待出展作家による作品が展示されるメインパビリオンが『WABI-SABI』です。

自作はこの『WABI-SABI』に掲げられました。


Japan EXPO 2016
IN Paris WABI-SABI

字句:古の聖人の言葉より引用

「 悦ばしきかな汝 蘭室の友に交わりて

  麻畝の性とならむ 」

この言葉を変体仮名(古典万葉かな)
を用い、使いたい漢字をあてがい文字を”はらり”と散らしていきます。

冒頭、『悦ばしきかな』の「ば」を「葉」を使用することで季節感を取り入れ、字句最後の『ならむ』は最大の拘りで「奈良」を使用。

作品仕様
・墨 奈良墨
・硯 雄勝硯
・紙 料紙桜ぼかし
・筆 熊野筆
・軸 友禅三段表装

 

表装には細部までこだわり職人さんとも直接会い、綿密に綿生地を選別。背景には蘭の花柄に
色合いは緑系、金色を選択「垂風帯」と呼ばれる縦二本の帯には「露花」と云う下端の左右に小さな総のような綿糸を付けることで品格が出ました。軸棒には最高ランクの黒檀を使用。

本作は、実体験に基づいた詩の大意を筆意に込めました。

「日本文化の書」筆、墨、硯、和紙、軸装... 一幅の書作品に匠の技が結集するこれら文化の側面が、ヨーロッパでは高く評価され興味深く鑑賞されるのです。

 

 



イベント詳細は下の各リンク先からご覧ください。

昨年の模様も動画配信されております。

JAPAN EXPO2014 in JE15 模様動画

 https://www.youtube.com/watch?v=wkurqEoFong#t=18 

JAPAN EXPO2015
http://nihongo.japan-expo.com/

WABI-SABI facebook

https://www.facebook.com/wabisabi.japon

【イベント情報】

 JAPAN EXPO 2016

主催:フランス SEFA EVENT社
後援:外務省、経産省、国交省他 
公式オフィシャルパートナー企

開催日時:7月7日(木)~7月10日(日)

展示会場:

パリ・ノール・ヴィルパント       

出展数:700

(政府機関、企業、団体、アーティスト等)

来場数:25万人(昨年25万人)